ブログネタ
生き方を考える に参加中!
自分よりひと回り以上も若い娘に仕事を教えてもらって一ヶ月過ぎた先週金曜日。面と向かって彼女は私に言いました。
「そのほうきと塵取りは隣の課のものなんだから、かしてくださいって言って!」

「は?」

( 突然なんじゃ、この言い方は)

今仕事をしている課は、大きく3つの課に分かれていながらも同じフロアにあります。掃除道具はフロアの隅っこに段ボールの中につっこんである状態で、これまでも数回ほうきと塵取りは使って掃除をしています。

使う目的はその課にある1台のシュレッダーの掃除のため。

その時もシュレッダーが満杯になっていたのでごみ袋に詰めて、散らばった紙屑を掃除してました。そのときにツン子がつかつかやってきて、私に言い放った言葉でした。

「黙って持っていくって私が言われるんだよね!かりる時にはかしてください、返すときにはありがとうございましたって言って!」

(おめーに言われたくない)

確かに段ボールから持ってくるときには何も考えず持ってきてました。誰に声をかけるでもなく持ってきてたし、掃除道具はこの課みんなのものだと思っていたので、ほんと何にも考えてなかった。

でもさ、私がやっている掃除はこの課のシュレッダーの掃除だわさ。

「あらーごめんなさい。○○課のものだって知らなかったから。この次から気をつけるね」とツン子に返し、掃除道具を返す時には○○課に居るツン子の仲間の彼女にも、謝っておいた。

でもさ、言い方とか、言葉の使いようってあるでしょう?ツン子は私を見下しているからこんな言葉使いをするんだろうね。

幸か不幸か、派遣先には知り合いが何人かいてツン子もツン子兇里Δ錣気睚垢ことができます。二人ともきついってうわさがあるようです。ツン子の仲間は、これからツン子兇噺討椶Α

・・・・こういう若い子にはどういう対処をすれば良いのでしょうか。

 タグ